醸造学と香水の調合のクロスオーバー、シャンパーニュ・ジャカール社は、この特別なヴィンテージを取り巻く未知の嗅覚体験を分かち合うために探求し、再構築します。 ブラン・ド・ブラン2015年のエッセンスを瓶詰めするために、醸造最高責任者であるジョエル・ウェイスは、シャンパーニュ地方のパヒューマー、Maison Lampyreとコラボレーションを行いました。 2つの専門知識を結集して、キュヴェの様々な角度から香りを抽出し、未知体験を創造し、その感覚を昇華させました。

この繊細なフレグランスには、ブラン・ド・ブラン2015のフィネスが余すことなく含まれています。トップノートには、ヘスペリデスのブーケの香り、レモンのようなフレッシュさが花のニュアンスで柔らかくなります。ブドウの花は、高山の木々や樹脂のニュアンスと共に、私たちを山の頂上にいざなってくれます。

室内芳香剤ジャカール・ブラン・ド・ブラン2015年は、シャンパーニュ・ジャカール社とパフューマーMaison Lampyreの密接なコラボレーションの結果であり、9か月間にわたりシャンパーニュ地方で開発が行われました。これは「製品」の開発ではなく、感情のサポートです。したがって商業化はされていません。