2015年は、猛暑の年として記憶され、夏の暑さで例年より収穫時期が早まりました。 暑さがもたらした熟成感が特徴のヴィンテージとのバランスを計るため、シャンパーニュ・ジャカール社は、コート・デ・ブラン地区のグラン・クリュとプルミエ・クリュ、すなわちシュイユ、オジェ、アヴィーズ、ル・メニル・シュル・オジェ それにモンターニュ・ド・ランス地区のヴィリエ・マルムリイ、トレパイユのフレッシュで繊細なシャルドネをブレンドしました。その結果、大変爽やかでフレッシュな味わいが表現されました。この年の気象条件を考えると、このようなシャンパーニュを誕生させるのは メゾンにとって大きな挑戦でした。

フィネスの中に微妙に柑橘系の風味のするこのキュヴェは トニックな香りが鼻を刺激し、その後、白い花、キンセンカ、野生の植物のニュアンスに包まれていきます。口に含むと アタックは柔らかでフレッシュ、ほのかなレモンの酸味に支えられた非常に細かい泡立ちがあり、ここでも完璧なバランスが印象的です。カレーの刺繍のように編まれたシャンパーニュは、大変ピュアで、口の中で軽やかに味わいが続いていきます。さらに肉厚で熟した味わいが後味に残ります。

アッサンブラージュ

100%シャルドネ - プルミエおよびグランクリュ
コート・デ・ブラン:シュイイ、オジェ、アヴィーズ、ル・メニル・シュル・オジェ モンターニュ・ド・ランス:ヴィリエ・マルムリイ、トレパイユ
ドサージュ:6.5 g / ℓ