「Jardin Partagé(分かち合う庭)」を制作するために、ヴィクトリア・ダヴィッドは、シャンパーニュ地方の地質史からインスピレーションを得ました:粘土と石灰岩が幾層にも堆積する土壌からなる地域であり、ブドウを栽培するのに理想的な土壌です。 彼女はこの堆積した土壌に呼応して、彼女の5つのカラフルな石膏層の彫刻に 幾層にも重ねた物質の蓄積に取り組みました。 ヴィクトリア・ダヴィッドはまた、ランスの歴史的および芸術的遺産からインスピレーションを得ました。ランスのノートルダム大聖堂の一部の浅彫や彫刻、ガーゴイルの再解釈を試みています。

作品の曲線的でくり抜かれた形は、ブリモン邸のルイ15世様式の建築ラインと視覚的なずれを生み出します。それは過去と現在、直線と曲線、過去の芸術遺産と前衛芸術の対比を生み出しています。 これらの二重性は、伝統に培われながらそれをさらに昇華させている、自由な精神と現代的なスタイルを持つ若いメゾン、シャンパーニュ・ジャカール社のDNAに完璧に適合しています。