2023年12月の約一か月間、夜の帳が下りると、ブリモン邸のファサードに、16のアーティスト達の才能あふれる意欲的な作品のプロジェクションマッピングが投影され、動く魅力的な博物館に変身しました。 この色とテクスチャーに富んだプロジェクションは、シャンパーニュ地方の文化的価値を高める取り組みの一環であり、シャンパーニュ・ジャカール社が何年も前から地元の才能を一般の人々にアピールすることを目的に行っているものです。

この芸術的なイベントに参加したアーティストは次の通りです:

• LGM-1:ル・クロ・イヴェールとランス・ヴィー
• アナエル・ランボー:コンバタント・サンギュリエとフシア
• マノン・ペントー:ラン・フローラルとフール
• デルフィーヌ・ガティノワ:パラソルとビュッフェ
• ミリー・フェリックス:イザベラとエデン
• ダン・レ・ダン:ラ・メゾン・マジークとマジック・ワールド
• クロエ・ヴァインフェルド:ヴィル・エトワレとメゾン
• エロディ・フラヴィノ:バランス・オブ・ライフとディス・イズ・ラブ 全ての作品は、ランス出身のDJユクセクの音楽にのせてマッピングされました。